概要(チーム紹介)

東関東支部茨城ブロックに所属するつくば中央リトルシニアの公式戦は、主に茨城・千葉を中心に開催されます。関東大会は関東連盟に所属する都県で開催されますが、基本は近隣圏での活動となります。保護者の皆様のご負担をなるべく軽減し、活動しております。
※現在つくば中央リトルシニアは関東連盟東関東支部茨城ブロックに所属
茨城ブロックは合計15チーム(千葉県と合わせた東関東支部では45チーム)

  

■つくば中央リトルシニア活動の目的
①野球競技の普及
②野球およびその他活動を通じての人間形成
③あらゆる人々が携わることができる野球環境の整備

■チーム運営方針・指導理念
こどもたちが主体的に練習に取り組み、失敗を恐れずにチャレンジする環境を提示します。
チーム紹介

こどもたちが野球を通じて学んだことが人生に活かされるようにと願うならば、大人がこどもたちが将来どのような力を身につけてるべきかを考え、アプローチしなければなりません。社会に求められるのは「主体性を持って行動し」「創意工夫ができ」「思いやりがある」人材。今結果を求め、失敗しないように指導することは「失敗を恐れ、自ら行動できない」で、「言われたことしかやらない」人材を生み出すことにつながります。

こどもたちが自身の主体性を育み、創造力を磨くには、目の前の結果にとらわれず失敗を恐れずに何度も何度もチャレンジできる環境が必要になります。私たちは、こどもたちが自分で考えて行動できるしくみを提供し、失敗を恐れずにチャレンジすることに賞賛を送ります。そんな取り組みをチームとして追求していきたいと考えています。

現場指導はすべての選手に対し、公平に指導いたします。
10年後・20年後にもっている力を発揮できるよう選手を長期展望に立って指導していきます。

■目標 目指神宮 日本選手権出場

■チーム3大目標

1 思いやりに溢れ,気が利く人間になろう

相手が求めていることを察して,何をすべきか考えよう

2 「また来たい!」と思われるチームを全員でつくろう

中学生だから「こそ」できる主体的なチーム

3  今,この瞬間に自分の気持ちを爆発させよう

自分の意志で行動しよう!すべてはそこからはじまる

■つくば中央リトルシニアのこだわり

攻守交代は全力疾走
ランニングは心をひとつ
グラウンド整備は心を込めて

■つくば中央リトルシニア選手が目指す姿勢

① 挨拶は心をこめて相手に伝わるように
思いやりの心を大切にすること
③ 失敗を恐れずにチャレンジしよう 
創意工夫をして取り組もう
⑤ 道具を大切にし,整理整頓を心掛けよう
⑥自分で出来ることは自分で行おう
⑦自ら感じ、考え、率先して行動しよう

■保護者遵守事項
①本会理念及び目的、方針を理解し、会員を平等、公正無私の立場で応援してください
②指導者の指導方法、試合の戦略及び会員の起用方法ならびに、指導現場に関する一切に対する批判を厳に慎んでください
③如何なるときもグラウンドへの立ち入り、ベンチへの立ち入り、またベンチ外からの指導および試合の戦略に関する内容で会員への指導や指示を厳に慎むこと
※保護者の観戦場所は決まっています
④個人的な利害に関わる行為を慎み、保護者間においては本会補佐及び支援活動を通じて円満な関係を保ちましょう
⑤本会役員および指導現場に対する意見や疑問点は保護者代表を通じて行うこととし、保護者各自が勝手に振舞い、本会の統制を乱す行為は厳に慎んでください
⑥喫煙については、会員を伴う場所においては禁止とします
ただし、保護者代表が指定した場所(会員から見えない場所)においては喫煙を許可します
⑦指導者、会員を伴う場所(会合)においては、飲酒行為は原則禁止とします(会長の許可を得る)
⑧インターネット掲示板への書き込み、チームおよび他チームの誹謗中傷は禁止とします
※SNSなどへの投稿についても同様に注意すること。

■沿革
2010年12月   中学硬式野球チーム設立に向け1期生5名と共に活動開始
2012年 4月   チーム登録に向け本格的に活動を開始
2012年 5月20日 東関東支部茨城ブロックに登録 公式大会参加開始
2013年 8月   茨城ブロック大会 準優勝
2013年12月   阿里山杯 選手派遣(監督 コーチとして帯同)
2014年 3月   春季メイコウカップ 代表決定戦進出
2014年 9月   秋季メイコウカップ 代表決定戦進出
2014年12月   阿里山杯 選手派遣
2015年 9月   秋季支部大会 関東大会初出場
2015年10月   秋季関東大会 初勝利
2015年12月   阿里山杯 選手派遣
2016年 3月   春季支部大会 関東大会初出場